スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Naming Ceremony!

The Gambiaでは、赤ちゃんが生まれた一週間後に名前を授けるお祝いパーティをします。
以前、我が家で一年弱働いていたメイドが無事4人目の子どもを出産したと聞き、娘とお祝いに行ってきました!

私達の住んでいるところから車で一時間ほどの長閑な村“グンジュール”というところに、彼女の実家があります。
実家に着いて驚いたのは、これでもか!というくらい大音量のアフリカンミュージックと、大ーきな音響機器。
玄関まで出迎えてくれたマリアン。
産後一週間なので、疲れのいろを隠せない様子。
それでも『マリアンも踊って!』という私のリクエストに答えてくれ、恥ずかしそうに少しだけダンス~
IMG_2797_mini.jpg

素敵なアフリカンドレスとネックレスがお似合いだったマリアン。
彼女の母らしい優しい表情をみて、なんだか私の心もほっこりなりました。
IMG_2817_mini.jpg
4人目にして待望の女児誕生、おめでとうございます!

家の裏に、井戸。その奥に畑が見えます。
IMG_2830_mini.jpg

その近くで、女性陣がお祝いのレッド&ホワイトベネチンを大きなお鍋2つでコトコトと作っていました。
IMG_2807_mini.jpg
これで、30~40人前くらいかな?

この日は本当に暑い日で、気温は35度を超していたと思います。
お昼寝不足と猛暑のお陰で、始終グズグズだった娘。
IMG_2799_mini.jpg
今、お世話になっているマリアンの妹アワと一緒に。

マリアンから『お昼ご飯がもうすぐできるから、食べていって。』と言われましたが、時計を見るともう16時半。
柚は『おうち、かえる~』と泣きべそ。
すると、家で食べて。とホワイトベネチンを大きな洗面器様の蓋付き容器いっぱいに持たせてくれました。

帰りのタクシーでその器を指差しながら、何度も『これ、食べたい!』と娘。
早速、夕飯に頂きました。
少しスパイシーな味付けなのに、『カラーい!!』と言いながらも食す娘。
しっかりとおかわりまで・・・柚はすっかり味覚も!?ガンビア人なんだなぁ、と感じた夜でした。

初めてガンビアのお祝い事に参加し、家の中は、電気も窓もなかったので、昼でも真っ暗で懐中電灯を使っていたのには驚きましたが、みんなとにかく明るく、笑顔が溢れていて、たくさんのエネルギーをもらいました。
IMG_2820_mini.jpg

なお、このセレモニーは、私達が帰った後も家族や友人、近所の人たちなどが続々と集まり、翌朝まで続いたそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。