スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ghana

2012年のクリスマスホリデーを『Ghana』で過ごすことにした理由は、
①せっかく西アフリカに住んでいるから、アフリカ旅行をしたい。
②隣国のTogoに住んでいる友人と再会したい。
③治安が悪くない国で、The Gambiaより都会に行きたい。
という3つ。
またこれらの点と、“昨年の10月に『Gambia Bird』が就航し、Bunjul-Accra間の直行便が出来た。”という点を踏まえた結果、
『是非、Ghanaに行こう!』となったのです。
IMG_9444_mini.jpg

しかし、旅行までの準備(航空チケットの手配やビザの申請)は、思った以上に大変でした・・・

・Ghanaは今、金や石油の採掘により、経済成長が著いため、ビザの取得がとても厳しくなっています。
The GambiaにはGhana大使館がないので、申請手続きは主人の職場が代行してくれることになったのですが・・・
結局、私達のビザも手元に届いたのは出発1週間前でした。

しかも友人の話によると“前回Ghanaのビザ申請をしたら、記入した予定滞在期間しか滞在許可が下りなかった。”とのこと。
もし何か不都合があって、滞在期間を延長したいときも延長できないって、本当に困ります。

・出発2週間前になって、Gambia Birdからまさかのフライトキャンセルの電話がありました。
すでにビザの申請やホテル・レンタカーの手配済みなので代替便の手配を依頼したものの、
待てど待てど連絡なし。
結局、その1週間後に再度キャンセル却下の連絡あり、当初の予定通り直行便になりました~
その理由は何度聞いても、お茶を濁された感じ。新しい航空会社で客足をうまく見込めなかったのでしょう。

こんなに旅行前に“旅行自体、本当に行けるのか?”と不安になったのは、正直初めてでした。

フライトに関しては、
・出発到着は、ほぼ定刻通りだった(復路は、Accra出発が定刻より30分早くなったけれど)。
・機内は案の定空席が多く、柚ものびのびできた。
・機内食は悪くなく、ガンビア・セネガル料理のチキンヤッサ風だった。
・CAは皆ドイツ系で、さわやかな対応で感じが良かった。

好印象だったので、また機会があれば利用してもいいかな~
と一瞬思いましたが、突然フライトがキャンセルになる可能性があるということを念頭に置いておかないと!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。