スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の保育園探し。

The Gambiaでの生活も1年が経ち、私達のアフリカ生活も残すところあと1年・・・
せっかくなので何か新しいことにチャレンジしよう!と、
私はいよいよボランティアで働き始めることになりました。
そして、娘も1歳4ヶ月になったので、今まで以上に交友関係を広げられるように、午前中だけ保育園に預けることに!!

いざ保育園を探し始めてみると、我が家から車で15分圏内に10ヶ所くらいあり、
思っていた以上に発見することが出来、とても驚きました。
とは言え、やっぱり日本とは違う環境です。
そのうち5ヶ所は実際に見学に行き、園の雰囲気や保育士さんの人柄や人数、園児の数、保育時間、お月謝など、さまざまな条件を比較して検討~
また、気に入った園はお試し保育をお願いし、柚の様子を見てようやく決めました!

一番最初に見つけた保育園は、
・子ども達のメインの部屋に窓が無かったためか電気を点けているのに部屋が薄暗い。
・子どもが少なく、おもちゃもそれ以上に少なく、園庭がない・・・
・お月謝は、ひと月700ダラシ(約2100円)と安価。
・保育時間は朝7時半から夕方16時半までと他の園と比べて長い。
・制服が茶色に近いオレンジ色でかわいくない。
やっと見つけた園だっただけに、ちょっとだけ(?)期待してしまっていた私は、がっかり。
ため息を吐きつつ『これも柚のため!!』と、少ない情報を頼りに、毎日必死に探し回りました!

でももしかすると、この最初の園の印象があまり良くなかった“おかげ(?)”で、
次からの見学時は、特に大きな期待をすることもなく『こんな感じよね~』と落胆することがなくて良かったのかもしれません。

~今回、私が調べたThe Gambiaの保育園事情~
・保育士さん1人につき、子ども2~6人。
・スタッフの言語は、英語のみまたは英語とフランス語。
・保育時間は、8~13時のところが多い。
・お月謝は、ひと月700~3500ダラシ(約2,100~10,500円)程度。
・子どもは、アフリカ人が多い園、インド人やレバノン人が多い園等とそれぞれ分かれていた。

ちなみに今、柚が通い始めた園は、
・オーナーは、イギリス人。保育士さんは、全てガンビア人。
・子どもは、アフリカ人が多い(主人の職場の同僚の方の子どもも数人通っている)。
・保育士さん6人に対して、子ども11人。
・スタッフの言語は、英語。
・お月謝は、ひと月3350ダラシ(約10,000円)。
・毎週月曜日は、スポーツクラブのスイミングプールに連れて行ってくれる(希望者のみ)。
・園にウサギを飼っている。
・食堂があり、おやつや昼食(お弁当を持参するか、給食を希望する)を準備してくれる。
・2~3歳くらいの子ども達は、みんなで歌を歌ったり、絵本の読み聞かせを聞いたりしている。
といった感じ。

行き始めて1週間は、朝からパパとママと別れるときに大泣きしていた彼女も、
今ではお気に入りの保育士さんを見つけ、その方に抱っこしてもらうと別れ際も泣くことなく、
とても楽しんでいるようです。
立派、立派!!

これで、私も安心して仕事に打ち込めます!
お互い新しい環境で大変なこともあるけれど、ぼちぼちやっていこうね♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。