スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火傷。

6月5日、火曜日の午後。
外出から帰宅した、柚と私。
お外で柚はとってもハイハイしたかったみたいで、フロアで嬉しそうに一人遊びをしていました。
メイドはアイロンがけ、私は夕食の支度をしていると、
後ろで“ぎゃー!!”っと柚の泣き声。
後ろを振り返ってみると、柚の手元に熱いアイロンが!
右手で触ってしまったようで、右の人差し指、中指、薬指の付け根に米粒大の火傷を負ってしまいました。

というのも、メイドがアイロンがけの途中でベランダまで新たに乾いた洗濯物を取りに行った隙の出来事。
メイドは、『柚はアイロンから離れているところで遊んでいたから、まさかこの短時間でアイロンの所まで来るとは思わなかった。』と。
何で電源オンのアイロンをフロアに置いたまま、そのそばを離れたの!?という怒りの感情と同時に、
私も同じ部屋に居ながら、怪我を負わせてしまったというショック・・・
若干パニックになりながら、急いで流水で冷やしたけれど、それを嫌がる柚。
そして、私達の横でひたすら『冷水で冷やすのは危ない。火傷には油を塗った方がいい!』と言うメイド。
その根拠を聞いても、なぜなのかは知らないよう。
数時間後、とうとう水疱になってしまいました(涙)。
少しずつ腫れてきて、米粒1つぶほどだったのに、2つぶほどの大きさに。

その翌朝、水疱を潰さないように気を付けながら、近くのクリニックへ。
付け替え用に火傷用のクリームとガーゼ、包帯、
そして飲み薬(痛み止めと傷がきれいに治るようにビタミンCの薬)を頂いて帰宅。
それから6日間、創部の清潔と湿潤を保つため、
食品用ラップ+包帯、それを外してしまわないように上から靴下を履かせてカバー。
柚は、せっかく断乳もスムーズに出来て自分でつかんで食べることを楽しんでいた矢先、
右手を自由に使えなくなったことによるストレスで、最近減ってきていたキーキーがひどくなるし、
私は、感染しないかという不安、どうしてもあげられない歯痒さで、イライラ・・・
主人が村に出張中の出来事だったので、近くの人には誰にも相談できず。

でも9日経った今、感染することはなく皮膚は上皮化し2日前からオープンしています。
そのおかげで少しずつ柚の奇声も減ってきて、以前に比べると少し穏やかに過ごしています。

あとは時間をかけて傷跡が残らないように治ってくれることを願いつつ、
今後はこんな事故が起きないように、今まで以上に気を付けて行きたいと思います。
ごめんね、柚ちゃん。

これから一人歩きを始めたら、ますます行動範囲と興味の幅もぐーんと広がって、それに伴いたくさんの危険なことも出てくるので目が離せなくなってきます。
昨日は出来なくても、今日は出来ることがどんどん出てくることを、もう一度肝に銘じて一緒に成長していきたいと思います。

以上、ご報告でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Re: No title

ビックリしましたよー(涙)
11西で培われた知識・・・今、思い出しました。
欲しい材料を日本からガンビアまで送ってくれるんですか?
何をリクエストしようかなぁ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。