スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期妊婦検診

5月の初め、助産師さんに会ってきました。
今日は主人に急にどうしても外せない用事が入ってしまい、1人で行くことに。
すること、聞かれることは前回と同じです。でも、やはり緊張しました。
どのように過ごしているか、定期的に胎動は感じるか、尿検査、血圧・子宮底測定、心拍の確認、質問事項はないか、等。
幸い私は足のむくみが少し気になっていた程度で、その他身体のこと、赤ちゃんのことで気になっていることはなかったので特に困ることはなく、
出産時の入院準備品の内容で分からない点だけ質問して、無事終えました。

次回の検診は大切なBirth Planを話し合うので、主人もしくは日本人の通訳さんと一緒に来るように言われ・・・、(希望があればMaternity tours(実際に病院の分娩室等の施設をを見学できるツアー)に参加してみてから)出産時の希望をMaternity notesに書いてくるように言われました。
こちらは日本とは違い、麻酔や痛み止めを使いたければ使いましょう。
日本ではあまり聞かない水中出産もできます。
という感じなので、想像できない程の痛みを少しでも麻酔で取ってもらうか、以前から気になっていた水中出産に挑戦してみるか・・どちらがいいのか迷っていました。
また、初めて聞いた“TENS”
パッドを背中に貼って電気による波動で痛みの神経伝達を妨げる、体にもともと備わった鎮痛力を刺激するというもの。
笑気ガスや硬膜外麻酔より自然な感じなので、少し興味がありました。
でももし、硬膜外麻酔あるいはTENSを使用するとなると、水中出産は無理。

やっぱり実際に施設を見学して、改めて考えることにしました。
どうしようかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。