スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windsor castle

5月14日。
語学学校の企画で、世界で最も古く大きなお城“Windsor castle”へ行ってきました☆
天気予報では、午後から雨・・・でも朝起きてみると、空は晴天!!
このまま晴れててくれたらなぁ、と期待しながら駅に集合しました。
電車に乗っている間に、空には厚い雲が・・・やっぱり雨降るのかぁ。
でも、ここはイギリス。
変わりやすい天気はいつものことだと自分自身に言い聞かせて、電車に揺られること約1時間。
降りてみると、思った以上に外は風が強くて肌寒い。
駅から徒歩15分くらい行くと、ありました!!Windsor castle!
IMG_1836.jpg

Entranceにはすでに沢山の人の列ができていましたが、私たちは団体だったので、その列に並ぶことなくラッキーでした。
飛行機に搭乗前のようなしっかりとしたセキュリティーチェックを受け、いざ入場。

このお城の敷地、テニスコート260コート分の広さがあるらしい。広いなぁ。
IMG_1846.jpg


厚い雲の間から少しずつ青空が見えてきた!
飛行機がこんな近くを飛んでいる!?
IMG_1870.jpg

St.George’s Chapel内の窓のステンドグラスや天井、壁などあらゆるところに繊細な装飾が施してあって、何と素敵なこと。
建築された時代にこんな技術があったのかと驚くほど。
写真撮影が出来なかったのは残念だったけど、目に焼き付けてきました。

今日のお昼は、おにぎり!
少し晴れ間の差す外のベンチで、みんなでワイワイしながらいただくおにぎり。
シンプルだけどとても美味しかったー。
おっ!兵隊さんを発見!!
IMG_1873.jpg


昼食後、まずはThe Drawings Gallery Queen Mary's Doll’s Houseへ。
お城をミニチュアで再現。
驚くのはこの細かさだけでなく、本当にライトが付いたり水が出たり、部屋に飾ってある絵が有名な画家によって描かれているものだったり・・・何て凝ったミニチュアでしょう。
ため息の出るほど、見事な物でした。一体どれだけの時間と費用がかかったのかは、想像がつきません・・・

次に、State Apartmentsへ。
豪華な建物の中には、イギリスらしく(?)世界各国からの素晴らしい装飾品が並び、その時代の著名人の肖像画が飾ってありました。
IMG_1874.jpg

私とお腹の赤ちゃんだけでなく、クラスメートもいつもの学校での表情と一味違い、興奮した1日でした。
今日は1日中歩き回ったのでさすがに帰り道はクタクタだったけど、みんなと一緒に観光できて楽しい時間を過ごすことができて良かったです。
(雨も降らなくて良かったー☆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。