スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス休暇1日目~サンルイ

12月24日から29日までの5泊6日。
ガンビアの周りを囲んでいるセネガルへ。

12月24日。
出発前日の夜、主人の上司のお宅のパーティを遅くまで楽しみ・・・
朝、ちょっと寝坊zzzしてしまったものの、
朝からホワイトベネチンをしっかりと頂き、いざ出発!

空港で今回の旅をご一緒する日本人女性とガンビア人男性と合流し、
人の少ないガラガラのカウンターでチェックインを済ませ、航空機が数台しか停まっていない滑走路をバックに、
IMG_5303_mini.jpg
ややドキドキしながら搭乗を待ちました。
“搭乗者が少ないとき、この航空会社は簡単にフライトをキャンセルする”らしい。
そんな噂話を聞いたからです。

でも、(意外にも)定刻通りのフライトで約20分の空の旅でした↓。(写真はThe Gambiaの上空)
IMG_5314_mini.jpg
無事セネガルの首都ダカールの空港に到着することが出来ました!
空港を出てすぐに友人がポツリ・・・
“私達が光で、周りの人たちはその光に群がる虫達のようだ”と。
確かに。的確な表現だと思います。
タクシーに乗り込んでも出発するまでに、たくさんの人々(ざっと数えて10人以上)に囲まれてしまいます。
DSC03539_mini.jpg
何度も“いらない”と伝えても、ピーナッツや果物、お菓子、サングラス、キーホルダーなど色々な物を次々に勧めてきました。

移動のためのタクシー1つを交渉するのも一苦労。
最初に値段交渉をした人とタクシードライバーが違うことがあるので、
“値段交渉が成立してタクシーに乗り込んでも、後から現れたタクシードライバーがその値段を受け入れず無理やり値上がりする”というパターンがほとんどでした。
DSC03537_mini.jpg

その点、ガンビアでは最初の値段交渉は面倒ですが、一度決めたことはちゃんと守ってくれます。
セネガル人のお金に対する執着心!?、パワーのすごさを感じました。

ダカールからフランスの植民地時代に首都だったサンルイへ貸切タクシーで移動。
暑い車内はいつも裸ん坊で過ごした柚さん。
IMG_5334_mini.jpg
これが一番快適!!

IMG_5343_mini.jpg
予定では3-4時間で到着するはずが、途中の渋滞で5時間半もかかりました・・・
みんなクタクタ、お腹ペコペコでホテル“Hotel de la Poste”に到着!

今日はクリスマスイブ♪
クリスマスディナーを頂きます!!

お料理の紹介は、次回書きますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。