スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちょ。第二弾。

夕食後、お腹も満たされてご機嫌の柚。
春から夏にかけてヨーロッパは日が長く21時過ぎまで明るいので、ちょっとお散歩♪
マーケットで蝶のオモチャを発見!
IMG_0980_mini.jpg

『ちょうちょ』の歌に合わせて、両手をバタバタ!!
すっかり“ちょうちょ”になりきった娘なのでした~
スポンサーサイト

キューケンホフ公園②

娘にとって、この公園は魅力がいっぱいだったよう。

まず、オランダ出身ミッフィーの遊具たち。
真っ先に走って行ったのが“滑り台”。

一段一段、慎重に階段を上り、
IMG_0933_mini.jpg
よいしょ。
DSC02600_mini.jpg
いざ、
DSC02601_mini.jpg
滑りました~
DSC02602_mini.jpg

初めは足に力が入り途中で止まってしまったものの、2回3回・・・と繰り返して遊ぶうちに、最後まで上手に滑ることが出来るようになりました。
いつの間にか見守っているだけで、自分で遊べるようになったんだなぁと心がほっこりなりました。

次に、小さな動物園。
園の外で動物達の鳴き声を聞いた時には『めーめー!!』と嬉しそうだったのに、実際に彼らの近くに行くと思っていた以上に大きく感じたのか、彼らの方から近付いてきて怖かったのか、私の側に逃げてきました~
IMG_0941_mini.jpg

大人も子どもも、のんびりとリラックスの出来るココ。
連れて行って頂いたことに感謝しています!

キューケンホフ公園①

オランダと言えば?・・・チューリップ!
幸運にもちょうど春に訪れることができたので、世界最大と言われるフラワーパークに行ってきました。
臨時駐車場には、ズラーっとたくさんの車が停まっていました!!
オランダ国内からではなく、ベルギーやフランスなどの近隣国のナンバープレートも見つけました。
ヨーロッパの冬は、シトシト雨が多くて夜が長いので、みんな待ちに待った春なんでしょうね~

1年間に4月と5月の2ヶ月間だけオープンするこの公園には、毎年700万本以上の球根が植えられるそう。

園内のあちこちに花々が規則正しく植えられていました。感動!!
IMG_0946_mini.jpg

だけど、娘はどうもご機嫌ななめ。
『ママ、だっこ~』と、自分で歩かず。
その原因は空腹だったみたいで、風車の手前にちょうどベンチがあったので、バナナをあげるとパクパク。
DSC02590_mini.jpg

何とか機嫌を取り戻して、木靴に入り『はい、ポーズ!』
IMG_0918_mini.jpg

一言でチューリップと言っても、花びらの形や色は様々。
温室のゾーンで、今まで見たことのない個性的なものを見つけた!
IMG_0905_mini.jpg
一種類ずつの名前が表記されていて、生産者の方が大切に育て、名付けられた花たちなんだろう・・・と愛おしく感じました。

その他にもヒヤシンス、シクラメン、蘭などなど・・・
それからナント、桜も!!
ここ2年間日本の春から遠ざかっているので、久しぶりの桜に「やっぱり桜はきれいだね。」と、美しさにうっとりしました。
柚にとっては初めての桜。
IMG_0943_minimini.jpg
まさかオランダで桜を見られるとは思っていなかったので、とてもラッキーでした!

The Gambiaでは見られない花々を楽しみ、生命力のみなぎった空間でたっぷりとパワーチャージさせてもらいました~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。