スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカン・ファブリックの正体 後編

先日、結局アフリカンバティックのほとんどは中国産、一部欧州産の高級品があり、アフリカ産は少ない、という結論に達した私達ですが、ネットで検索したら興味深い記事を見つけました。

http://beyondvictoriana.com/2011/04/10/african-fabrics-the-history-of-dutch-wax-prints-guest-blog-by-eccentric-yoruba/

アフリカンファブリックはアフリカの顔をしているけど、本当のアフリカではない。
そんな見出しから始まるこの記事は、アフリカンファブリックの裏にある歴史を見事にさらけ出しています。模倣に模倣を重ねて出来たアフリカンファブリック。今日は、その記事の要約を。

素敵なアフリカンファブリックの使い方(セネガル、サンルイのホテル)
IMG_5587_mini.jpg

今、西アフリカで目にするカラフルな柄の布たちの起源は、なんと、インドネシア・ジャワ島にあります。ジャワでは昔からろうけつ染めで手製の布が作られていましたが、そこを植民地としたオランダは、自国にろうけつ染めを持ち帰り、より効率よく機械でろうけつ染めの布を作り出すことに成功します。この機械製のバティックをインドネシアに逆輸入させようとしたのですが、これが失敗、ヨーロッパでも人気を得られない中、西アフリカに市場を見出します。西アフリカでは昔から布の売買がさかんで、16世紀にはすでにアジアで生産されたバティックをヨーロッパ諸国がアフリカに持ち込んだという歴史もあり、このオランダ産の布はWax Hollandaisの名称で一躍人気の布になるのです。

イギリスも同様に機械製バティックを西アフリカに売り込みますが、18世紀に入りオランダ産の地位はゆるぎないものとなります。それはオランダが西アフリカを植民地にしていないことからくる人々の持つ好感に加えて、オランダ産が西アフリカをターゲットに商品を作ったからです。アフリカらしいモティーフを積極的に取り込み、アフリカの人々の心をとりこにしたのでした。しかし、デザインを作るのも布を製造するのもアフリカに行ったこともないヨーロッパ人で、その製品にアフリカらしい名称を付けたり、キャッチコピーを加えることで、あたかもAuthenticなアフリカ物であるかのように売る戦略が奏功したのです。1960年代に各国が独立を果たすまでは市場のほとんどはオランダ製が占めていたそうです。

1960年代以降、状況は変わり、ガーナを中心にローカルに作られた機械製バティックが市場に出回るようになります。ただしローカルに作られるとは言っても、それら会社のオーナーはアフリカ人ではありませんでした。そして、ようやく西アフリカ産の布が西アフリカの市場に出回り始めたと思いきや、ここ10年、中国製の安価な布が大量に流入し、先日の前編にも書いたようにアフリカ製の布を見つけるのが困難な程になってきています。今でもオランダ産は高級品として重宝される一方、そのデザインは中国製にコピーされ、高級品=オランダ、日用品=中国製、という構図の中、アフリカ製バティックの存在はより一層薄くなっています。

アフリカって一体何なのでしょうか?本物のアフリカとは?人々はこのような背景を知らないまま、“アフリカン・テイスト”なカラフルな布を身にまといアフリカンな生活を送っています。たかがアフリカンファブリックですが、世界情勢に翻弄されながら生きるアフリカを、この布が端的に物語っていることを知りました。

スポンサーサイト

アフリカン・ファブリックの正体 前編

Togoのアフリカンファブリックのはずが・・・

行くたびに好みの柄を見つけることの出来るセレクンダのお店。
店員が『うちの店のはTogo(ガーナの隣国)産だから、値引きは出来ない!』と言い張っていたので、それを鵜呑みにしていた私達。
でも先週の土曜日、久々に店を訪れて店長と雑談していると、
『ここに置いてある布はトーゴから仕入れてはいるけど、全て中国製。トーゴに住む姉がオランダやイギリスのファブリックの柄のコピーを中国の業者にオーダーして、中国からトーゴにコンテナで輸入しているの。私はその一部をトーゴから送ってもらって売ってもらっているのよ。』とのこと。
特別だと思っていたこの店の布も、巷にあふれている安っぽい布たちと同じく中国製だったとは・・・。本物のアフリカ物だと信じていた私達は、ちょっとがっかり(涙)。ただ、布の質の違いは見た目と肌触りで一目瞭然、その辺に売っているのよりはしっかりしています。

店長に、セレクンダでどこか本物のアフリカのバティックを置いてあるところを知っているか尋ねたら、一軒ガーナ人女性がガーナの布を扱っているとのこと。そうこうしていると、普段から仲良くさせていただいている日本人・ガンビア人のご夫妻がたまたま店の前を通り、一緒にガーナ布を探してくれることになりました。

1時間以上、ガンビア人のご主人が色々と聞いて歩いて探し回ってくれましたが、ガーナ布は見つからず。そして、結局今まで振り返ってみると、首都Banjulに一軒だけあるイギリス産やオランダ産の高級Waxを扱っている店と、友人から以前分けていただいたシエラレオネのバティックと、土産物屋で売っている単色のシンプルなガンビア産バティック以外は、全て中国産ということになります。

みんな中国産だったとは・・・
IMG_6506_mini.jpg


恐ろしや中国!西アフリカにいて日本との距離を痛感する日々ですが、逆に中国の近さを思い知らされました。

アフリカンドレス

お気に入りのアフリカンファブリックで作ってもらったドレスはこちら。↓
IMG_7903_mini.jpg
日本で着たら、浮くかしら??
こっちに住んでいると、みんな派手なので感覚がおかしくなっているカモ。

小物たち。

The Gambiaのお札って・・・見るからに年季が入っています。
時々セロファンテープやホッチキスで補強されたものに遭遇したり、
何か独特の匂いがしたり・・・
そのような理由で、こっちに来てから今まで使っていた財布を封印してきた主人と私。

テーラーでシャツ等を仕立ててもらった際に出た端切れを利用して、
ポーチと小さな財布を作ってもらうことにしました!
IMG_6667.jpg
上段:ポーチ60ダラシ(約180円)。下段:財布30ダラシ(約90円)。もちろん裏地付。
これなら気兼ねなく使えます^^

今度は、コースターとお弁当袋をオーダーする予定です。

新しいテーラー

今まで友人が紹介してくださったセレクンダのテーラーまで通っていましたが、
距離的にちょっと遠いので、近くにどこか良いテーラーがないか探していました。
そこで見つけた、我が家から歩いて15分程のところにあるテーラー、『NEW LOOK』。

初めての今回は、主人がシャツ2枚、私が巻きスカートとワンピースをオーダー。
仕立て代はセレクンダとほぼ同額で、
シャツ1枚200ダラシ(約600円)、巻きスカートやワンピース(裏地込)各125ダラシ(約375円)でした。

昨日(オーダーして4日後)それらの品物が完成したとの連絡をもらい、早速受け取りに行ってきました!
丁寧な裁縫で納得の仕上がりでした!満足満足♪

私のワンピース↓。
IMG_6665.jpg
裏地も付けてくれて、しっかりしています。
布地:2ヤード120ダラシ(約360円)+仕立て代:125ダラシ(約375円)=735円なり。

家から近く、衣類の他に小物類(ポーチやバッグ等)も作ってくれるそうなので、
今後はこちらにお世話になる予定です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。